青春18切符旅行を楽しむための極意!エシレ・メゾンデュブールはお土産に!

2020年10月14日

Pocket

・事前の準備
・ハプニングを楽しむ余裕 旅行を極めてみたい!
旅慣れてる人に憧れる!
そんな夢を持ったことはありませんか?
私はあります!
そして叶えました!
上に挙げた2つがその過程で得た旅の極意です。
国内旅行でその『旅の極意』2つが最大限に鍛えられる乗り物があります。
これから私流『旅の極意』をお伝えしていく中で、皆さん一人ひとりのオリジナルな方法が見つかっていくことを願い書いていきたいと思っています。



青春18切符

そもそも青春18切符とは

青春18切符はJ日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車、自由席及びBRT(バス高速輸送システム)、ならびにJR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りできる切符です。

お一人での5日間の旅行や5人グループでの日帰り旅行などそれぞれの目的に合わせて使うことが可能です。

青春18切符は何も青春真っ盛りの人だけが使える切符という訳でもなくておじいちゃんおばあちゃんで18歳にならないピチピチであろうが年齢に関係無く使えるんです。

(注:おじいちゃんおばあちゃんの年齢になるとジパング倶楽部という割引率が高い切符を利用できますが、色々しばりがあるのを知ってる人は稀かも???そこら辺はまた追々紹介していければと思います。)

料金=切符一枚大体1万2千円くらい。

この切符で5回分(一日普通列車乗り放題×5)使えます。

販売期間や使用できる期間は定められており、事前に充分時間をかけて計画してから満を持して望むことができます。

青春18切符は金券ショップで購入

そしてこの青春18切符は金券屋さんに良く出回ったりするので少しお安く買えたり、タイミングによっては5回使い切れなかった人が勿体無いからということで2回分だけ残ってるのを売ったり、逆に1回分だけあればいいんだよな~という時に金券屋さんに足を運んでみたら運よく1回分だけ買いこともタイミングに寄ってはできたりします。

筆者はこれを最大限利用し、本州を大移動した経験が結構あります。

例えばその当時愛知県に住んでいましたので、愛知県から本州の北の最果て青森へ、そこからフェリー又は特急を乗り継ぎ、函館、札幌、小樽・・・。

南の方面では工夫次第で一日で本州最果ての山口県で錦帯橋までも行けちゃうはずです。

ただし、日をまたいで使う場合には電車で寝たりする場合もあるので体力面でしっかり自信があったり、ある程度の図々しさがないとへこたれやすい移動手段でもあります。

青春18切符の注意点と対策

そして基本鈍行列車に長いこと乗ることになりますので、そこら辺の対策をしっかりしておくことが勝利の鍵になるかと思います。

途中乗り継ぎ等場所に寄って別料金が必要な場合が出てきたりもしますが、全体的に見れば普通に旅行するよりもお安く、しかも途中下車も可能なので、お目当ての各地のラーメン屋さんでお昼を食べるなどの独自の楽しみ方が可能になります。

私は結構な数の日本全国のラーメン屋さんにこれで行きました!

事前の旅の組み立てが重要になってきますので、青春18キッパーの為の乗り継ぎ時刻表のサイトも検索すればありますので、そこで充分に組み立てて臨むことが大切です。

最初は訳が分からずもう無理!って思ったりもしますがやってみれば意外と出来るし、慣れてくれば自分にとってベストな方法も分かってきますし、失敗を繰り返して最強青春18キッパーを目指してみるのも面白いですよ。

そんな旅のベテランってそうそういない気がしませんか?今ならまだまだチャンスあり!

というかそんな希少でめんどくさいことをやっちゃう人も稀なので極めれば自慢になると思います! 人と違うことを極める楽しみは至高の楽しみです!

エシレ・メゾン デュ ブール 丸の内のススメ (東京)

※エシレ バターは、優れた乳製品の産地として知られるフランス中西部

・エシレ村で生産されるクリーミーな口あたりと、芳醇な香りが特長の発酵バターです。

※発酵バターはクリームを乳酸発酵させてからつくるバターで、ヨーグルトのような軽い酸味があり香り高いのが特長。

※エシレ酪農協同組合は1894年からバター作りをはじめ、代々伝わる乳酸菌を大事に使いながら、昔ながらの製法で変わらぬ味を守り続けています。

エシレバターとは

あの乳製品大国でありシャンゼリゼ、凱旋門、お洒落な地元っ子にも大人気な発酵バターのことです。

濃厚な味わいと芳醇な香りが一番の特徴。

少し前に爆発的に注目され、デパート目掛けて奥様や若い女性を中心にこぞって買いに出掛けたあのエシレバター。

最近は認知度も上がり定着し発酵バターなんてあって当たり前みたいになってきました。

美味しさは折り紙つきで確かですからそれも無理はないでしょう。

東京丸の内にある『エシレ・メゾン デュ ブール丸の内』はそのエシレバターをふんだんに使って作られたクロワッサンや焼き菓子の作り立てを自宅に持ち帰って味わえるとても貴重なお店です。

エシレ・メゾンデュブール丸の内(公式)

毎朝開店時間10時の30~40分くらい前から行列が出来始めます。

行列に並んだからと言ってお目当ての品が必ず買えるとは約束は出来ず、品に寄って早く売り切れてしまったりもします。

お客様に寄っては一度にたくさん欲しいと言われるお客様も当然ですがいらっしゃいますからね。

なのでそのくらい前を目安に並んでおけば、大体は買えるかと思いますが確約はできません!

人気のバターケーキなんて即完売もよくありました。

私は地方に住んでいた時、コンサートの遠征などで連泊した際などによく朝早く並んでお目当てのクロワッサンを無塩

・有塩それぞれ2つずつ買ってホテルに戻って焼き立てを味わったりしていました。

本当に楽しみで美味しくて嬉しかった思い出です。

でも質が高いとやはりお値段も多少ははりますので、自分のそのときの懐具合と相談しつつ楽しんでいました。

今は東京在住でいつでも行けると言ったら行けるのですが、逆に来てからまだ一度も行けてません。

でも憧れのバターケーキを買いに絶対にその内また足を運びたいと思っています!

まとめ

青春18切符は皆さんもご存じだと思いますが、使用している方はかなり少ないかと思います。

私の周りにも使用している方は一人もいませんでした。

ちょっと考え方が貧乏くさいところがありますが、使えるときに使って得して楽しむのが一番楽しいかと思います。

今は特に外出ができない時期ですが、通販サイトでもエシレ・メゾンデュブールの購入はできますので、もしご興味ある方は一度買ってみてください。